派遣の薬剤師の時給について考える

イメージとはかけはなれた薬剤師の給料

イメージとはかけはなれた薬剤師の給料 | 派遣を利用して好待遇で気持ちよく働く

今の日本は医療に携わる人が減少傾向に有り、人手不足と言われています。
人手不足なため就職に有利という噂が飛び交い、医療系の学問を学ぶ専門学校に進学する人も増えているようですが、せっかくそこで専門知識を学んで就職しても、すぐに他の職業に転職してしまうというケースがあとをたちません。
では、なぜそのようなケースになってしまのか考えてみました。
実は私は今薬剤師の資格を持っています。
私自身も勉強していた時は、資格さえとってしまえば高時給で高待遇の中働くことができるものだと思い込んでいました。
しかし、いざ資格をとって就職し、働いてみると自分がイメージしていた金額とはかけ離れた給料でした。
私が以前働いていた薬局は、時給ではなく月給制度でしたが、時給に換算してみると普通の深夜アルバイトの方がまだ稼げるのではと言っても過言ではないくらい低い金額でした。
私の身の回りにもこのような話をする人が大勢居て、何も私自身に限ったことではないんだなと実感しました。
もちろん、私も私以外もすぐに他の転職先を探してその職場はすぐにやめてしまいました。
医療の現場で働く人というのは、他の仕事よりも重要な役割を果たすものだと私は考えています。
他の職業の人たちを軽視しているわけではありませんが、医療の現場で働く人たちは人々の健康を管理しなければなりません。
もし、何か大きなミスをしてしまえば、誰かの健康に悪影響を与えてしまうほか、時には命に関わる問題になる場合もあります。
なので、薬剤師などの医療に携わる人の時給はもっともっと高いものでなければならないはずです。
それだけ大きな責任を背負っているのですから、少し良い給料をもらっても良いと思います。
他の仕事と同じような給料であれば、医療の現場から離れたくなるのも無理はありません。
大きな責任を背負ってもそれに見返りがなければ、誰だってすぐに転職したいと考えるのが普通です。
私は、もっと医療に携わる人の待遇が良くなり、もっとやりがいのある仕事になってくれることを望んでいます。
とはいったものの、中にはそのような実態に目をつけて薬剤師をはじめとして医療に携わる人々への配慮をしてくれる病院も増えてきているのは事実です。
給料に関しても、基本は月給ですが時給換算したときにアルバイトとは比べることができないような金額の給料をもらえる場所も出てきました。
せっかく時間をかけて勉強して身に着けえた専門の知識なのですから、この先もどうせなら生かしていきたいと考えると思います。
専門学校にもたくさんの学費を払って通って勉強していたので、その時の努力を無駄にするなんてのは非常に勿体無いことです。
しかし、自分の力だけで高待遇の病院や薬局を見つけるのは簡単なことではありません。

時給の高さが魅力で選んだ派遣薬剤師

大学を卒業してからすぐに近くの病院に就職して働きましたが、労働時間の割に実りが少ないのがずっと気にかかっていました。
そのまま6年も働きましたが、やはり薬剤師という資格があるのだからもっと自分なりの働き方を選んでも良いのではないかと思うようになったのがこの頃です。
同窓会があって色々な働き方をしている友人に会い、いかに病院で働くのが激務かということも理解できたのは転職を決断する後押しになったのが確かでしょう。
ほぼ毎日早朝から夜遅くまで働いて、月に数回は夜勤もあるという状況は他の病院ですら見られないものだと知って、就職先を誤ったのではないかと思ったほどでした。
このときに私が選んだのは派遣薬剤師として働く方法です。
正社員として転職することも考えたのですが、求人を見たときの求人広告の多さと時給の高さが魅力に感じて、働きたいだけ働いて生活していこうと考えたのが決め手でした。
派遣で働くと仕事が安定しないという噂はありましたが、同窓会で実際に派遣で働いている人に聞いてみるとそんなことはなく、キャリアがある程度あるなら問題ないという話を聞いていたのもこの道を選んだきっかけです。
時給があまり高くなかったらやめてしまったところですが、少なくとも2000円、自分のキャリアなら3000円は手堅いのではないかという印象がありました。
その同窓会で会った友人に紹介してもらった派遣会社に登録して、自分のやりたいのは病院勤務というわけではないけれど、調剤と服薬指導は少なくとも行いたいという話をしました。
ただ、時給にはこだわりがあって、シフトが比較的柔軟に入れられるものが良いという条件を付けました。
短時間勤務も長時間勤務もできるという待遇だとなお良いというかなり厳しい条件を付けたつもりでしたが、その場で3つも求人を紹介してもらうことができたのは敏腕な担当者に当たったからでしょう。
ここまでトントン拍子に話が進むとは思ってもいなかったのは確かです。
3つ目に紹介してくれた小さな病院での勤務は中病院で働いてきた私にとってはそれほど大きく環境が変わらないだろうと期待できました。
先方と交渉してみなければわからないけれど時給が4000円を望めるかもしれないという話をしてもらえたのも魅力的な点です。
そんなにうまい話があるかとは思いましたが、その求人に応募して交渉をしてみることにしました。
広告上では最低2500円という形になっていて、職歴や経験で変わると書いてあったので、キャリアを認めてもらえれば高くなるという期待は持てたのです。
面接の場でそのことを切り出せたのは予め交渉しても大丈夫だというアドバイスを受けていたからですが、確かにもともと話が通っていたかのような対応をしてくれました。
薬剤師が不足しているからできるだけシフトを入れて欲しいという話はされましたが、原則として最低時間数と日数を守ってくれている限りは構わないということだったのでこれに決めました。
自分の判断で決められるほどに有利な立場になっていたのに後から気付きましたが、これも派遣会社の担当者がきっと採用してくれるから大丈夫だと後押しをしてくれていたからに他なりません。
実際に働き始めてみるとやや状況は異なっていてシフトはかなり入れないと現場が回らない状況にありました。
ただ、派遣の立場なのでそれほどオーバーワークになることもなく、働きたくないときは断ることもできています。
時給も4000円で働けているので割が良い仕事を獲得できたと喜んでいますが、契約が切れたときにどうするかはまだ決めていません。
現場の状況を見ると更新ができそうなのでこのまま働き続けるのがベストかと考えています。